beerbash!!!

ベルギービールとドイツゲームと時々プログラミング。

横浜ドラゴンフルーツエール

この記事はBeer Advent Calendar 2017の7日目の記事です adventar.org

今回は横浜ビールよりクリスマスを先取りしたビールをご紹介します。

横浜ブルワリー ドラゴンフルーツエール クリスマス2018

みなとみらいのシルエットとツリーのラベルでクリスマスにぴったりの横浜ドラゴンフルーツエールです。 利用されているドラゴンフルーツは果肉まで赤く、さっぱりした甘みのレッドドラゴンフルーツで、 横浜の小机「小松ファーム」で収穫されたものを使用しているそうです。

色は鮮やかなルビー色。 見た目はアンバーに近いですが、味はほのかに甘く、香りと酸味はホワイトエールに近いさっぱりした印象を受けました。 ランビックっぽい酸っぱさはあまりないので、とても飲みやすいエールだと思います。

こちらのクリスマスラベルはネット販売 クリスマス限定ラベル6本セット | 横浜ビール工場直送便 か、馬車道にある横浜ビール醸造所を兼ねた直営店 驛の食卓 にて購入できます。 店頭ではドラゴンフルーツエールとしてお食事とともにいただくこともできます(季節限定とのことなので常にあるかはわかりません)。

尚私事ですが先日こちらの驛の食卓にて結婚パーティを開催しまして、 お食事もご対応も、もちろんビール(7種類のタップ飲み放題!)も最高だったことをお知らせいたします。

今年一番印象深いビール

役所に婚姻届け出しに行った帰りの生麦スプリングバレー・ブルワリーでした!

きょうはきねんび

BEER INFUSER(代官山 SpringValleyBrewery)

実に1年ぶりの更新となりました。更新は止まってたけどビールは止まらない!
本日はBeer Advent Calendarの7日目ということで、日本でまだ2箇所でしか飲めない珍しいビールを紹介いたします。

その名もBEER INFUSER!!!

f:id:mochico1105:20151207223048p:plain:w320

"infuser"とは注入器のこと。
この大きいフレンチプレス機のようなマシンは、Beerのガスを保ちつつ、後から入れた素材によってビールをカスタマイズできるのです!

今回いただいたのは『496×Galaxy Hop』

f:id:mochico1105:20151207223317p:plain:w320

完成されたビールにさらにホップを追加する!まさにホップ天国!
そして出来上がりがこちら

f:id:mochico1105:20151110204910j:plain:w320f:id:mochico1105:20151110205056j:plain:w320

泡の上にホップの成分が浮いてきているのがおわかりいただけるでしょうか?
もともとフレッシュなホップの香りが効いてる496にさらに香りと苦味をプラス!
ホップ好きにはたまらない1杯となっております。

そんなBEER INFUSERが楽しめるのは、横浜生麦と東京代官山にあるSpring Valley Brewery(SVB)というお店です。 SVBはキリンビールの元となった醸造所の名前だそうで、キリン傘下でクラフトビールを作り、お店を運営しています。

www.springvalleybrewery.jp

BEER INFUSERのマシンはまだ日本には4台しかなく、そのうち3台は代官山SVBに、1台は生麦SVBにあるそうです(お店の人談)。

SVBには他にも美味しい料理とビールがたくさんあります。

f:id:mochico1105:20151110193858j:plain:w320

こちらの写真はおすすめの飲み比べ+おつまみセットで、手前からJAZZBERRY、Daydream、on the cloud、In the Dark、COPELAND、496、すべてSVBオリジナルのタップビールです。

本日のBEER INFUSERはこちらからチェックできます。
In the Darkにごぼう・・・気になる・・・

みなさまビール好きならぜひ一度足を運んでみてください!

ごはいめ:スペシャル・エクストラ・エクスポート・スタウト

更新に間が空いてしまいましたが、ビール巡りは欠かしていません。mochicoです。 お久しぶりですが最近飲んだビールを紹介いたします。

スペシャル・エクストラ・エクスポート・スタウト

このソシャゲのレア度みたいな名前のビールは、ベルギーのブルッへ(ブリュージュ)というところから さらに30kmほどのエセンという小さな村で週末のみ稼働するドゥ・ドールというブルワリーで作られています。 色の通り香ばしい苦みと酸味に、名前のエクストラの通り度数の強めなビールです。

こちら見つけたのは以前にも紹介した池袋の風というお店。 伺ったのは11月半ばでしたが各種クリスマスビアや珍しい醸造所のビールもあり、面白いお店です。

いっけんめ:麦酒倶楽部 POPEYE


ここは天国か。タップの数なんと70!!!

両国駅どちらの改札からでも徒歩5分くらいの所にある麦酒倶楽部POPEYE
日本一のクラフトビールの聖地と言っても過言ではないでしょう。
Naverまとめによると、本当に日本一のタップ数のようです。
【国内ビアバー】樽生ビール取扱い数ランキング【1位~17位編】 - NAVER まとめ

写真に写り切らないほどのタップ、その数なんと70!!!(2014/06/21訪問時)
富士桜高原、いわて蔵、ヤッホー、スワンレイクなど日本各地のクラフトビール
BREWDOG、VEDET、BelleVueなどの海外産ビール、
そして新潟で醸造されるPOPEYEオリジナルビールなどがタップで楽しめます。
信じられないToday's Beerのリストの長さですが、これが本当に全てタップで用意されてます。
タップの管理はオリジナルのシステムがあり、コンディションによって圧もきちんと調整してるのだとか。


BeerTower!!! ExtraPils

お店の会員があるのですが、そのサービスがすごい。
今月はイベントがあったらしく、ハガキ持参で写真のPOPEYEオリジナルエクストラピルスのタワーがついて来た。。。
これがまたおいしいんです。スッキリ飲みやすく程よく小麦の香り。

ビールをふんだんに使ったこだわりの料理も最高においしい! 1日5食限定のビールに漬けたウォッシュチーズと麦酒豆腐の盛り合わせや、牛肉のビール煮、 そしてデザートは炎える愛スクリーム。ビアバーでご飯がおいしいところはとても貴重です。


アイスのビアフランベ!

20時までは一杯につき料理一品サービスもついているのでお得感。
休日は15時から開いてますが、予約は必須です。

以下昨日のセットリスト。

よんはいめ:デリリウムレッド

新宿はサザンテラスを代々木方面に下ると、その端にオープンカフェがあります。
このカフェ、実はその名もデリリウムというベルギービールの名を関した、リトルデリリウムカフェというのです。


Delirium Cafe!

思い出せる限りで自分が2番目に行ったベルギービールの飲めるお店だった気がします。
デリリウム・トレメンスとはアルコールの禁断症状から来る譫妄(せんもう)状態、 精神錯乱という意味があり、
度数の強いビール(ストロング・ビール)であるためよっぱらってピンクの象さん見えちゃうぜー!
というビールなのです。

そのデリリウムの中でもオススメが、デリリウム・レッド。

Delirium Red!

デリリウムのくっきりした味に、サクランボを加えたフルーツビール。
自分の一番好きなビールです。

さんはいめ:BLUE MOON

友達の結婚式にて。ブルームーン

これまたコリアンダーシードとオレンジを使ったアメリカ原産の
ベルジャンスタイルのホワイトビール。
特徴はバレンシアオレンジを使用。
首都圏中心に、ハワイアン系のお店などで飲めます。
グラスにオレンジスライスを添えて飲みたい。
サイトもかわいい。